kinsei matec > Feature Articles - Suzhou Factory in China

Feature Articles - Suzhou Factory in China

蘇州金生機能材料有限公司は溶融シリカの粉砕を専門に行うため、2003年10月に設立され、2004年より工場の稼動を始めました。工場の概要や周辺地域についてまとめております。

no02_img01

蘇州金生機能材料有限公司 SUZHOU KINSEI MATEC CO.,LTD.

住所:中国江蘇省蘇州市蘇州高新区朝紅路500号
No.500, Chaohong Road, SND, Suzhou, Jiangsu, China
電話:+86-512-66657995
FAX:+86-512-66657993

1.全般

蘇州金生機能材料有限公司は溶融シリカの粉砕を専門に行うため、2003年10月に設立され、2004年より工場の稼動を始めました。
この溶融シリカの粉砕品は、主に半導体の封止材に用いられ、近年増加する、日系電子材メーカーの海外進出に合わせ低価格?高品質な原料の供給を行うことを目的としております。 金属異物の低減のため、原料の選定や工程管理の工夫などを行っており、製品は封止材料としてお客様に安心してご使用いただけるよう、厳格な管理の下で生産されております。 また、封止材以外では、耐火物や樹脂充填材など、幅広い用途で使用されております。
当社がこれまで粉砕加工メーカーとして培ってきた技術を活かし、お客様のご要望に対し、迅速に対応することが可能です。

no02_img03

原料となる溶融シリカ

2.所在地

蘇州新区の北西端近くにあります。
車で蘇州駅、商業街から20分、上海-滬寧高速道路
蘇州新区インターから15分ほどの場所です。

製品の物性データはこちらのページをご覧ください。
さらに詳細な情報については直接お問い合わせください。

↑ページTOP

蘇州地域の概略

1.位置

「蘇州」は江蘇省の都市で、中国経済の中心「上海」の西に位置し市の南西部は太湖に接しています。上海から車で約2時間、鉄道で1時間弱の距離にあります。長江に沿って西へ向かうと「無錫」「常州」「鎮江」を経て江蘇省の省都「南京」へ至ります。
南は浙江省と接し、浙江省の省都「杭州」も近い距離にあります。
これら長江、杭州湾沿岸地域は「長江デルタ」と呼ばれ、特に経済発展が進んでいる地域です。

no02_img04

2.経済

蘇州市は呉中区、相城区、平江区、滄浪区、金閶区の市区と呉江市、張家港市、常熟市、昆山市、太倉市の県級市からなります(日本人の感覚では市の中に市があるというのは複雑ですが)。日常的には「蘇州」というと市区地域のことを指していますが、経済上は市区と県級市を含めているようです。
市区の西部には蘇州新区、東部には工業園区と二つの大きな開発区があり、その他にも多数の開発区などを有していて、経済規模は江蘇省でも最大となっています。

3.蘇州新区

弊社のある市区西部の開発区で、日系企業の進出が多く既に400社を越えています。現在は進出も一段落しているようですが、西へ拡大して太湖岸に達するとのことで更に進出企業は増えていきそうです。
そのため日本人が多く居住しており、新区内には「商業街」という日本人街(日本人向け街)があり、日本食を中心とした飲食店などが多数あります。ほとんどの店で日本語が通じるため、中国語が話せなくても大丈夫です。

国产综合色产在线视频/试看120分钟做受小视频/在线播放免费人成毛片视频/和搜子同屋的日子2在线